たるみの原因

みなさま、こんにちは😊
ブログをご覧いただきましてありがとうございます♥
ウィズエイジングクリニック新宿受付の荒牧と申します。
本日より、皆様に少しでもお役に立てるような楽しくて
わくわくするお得な情報をお届けしようと思いますので
どうぞよろしくお願いいたします♬

東京も大分暖かくなり、過ごしやすい季節となってきましたね!
皆さまは、桜の季節を楽しまれましたでしょうか?
わたしは、3年ぶりにお花見をいたしました。
インスタ映えするように、いろんな角度から桜の写真を撮り、
併せて、可愛らしい桜に見とれるわたしの横顔の写真も
一眼レフで撮ってもらいました。

その写真を見てわたしは震えました。
肌寒かったからではありません。

「たるんだ頬と二重あご」に驚愕し震えました。

思えば、なかなか自分の横顔を見ることがないまま
30代半ばに突入。
「どうしたものか…」といろいろ調べつくしました。

皆さまは、なぜ人間の肌はたるんでいくかご存知でしょうか。

表情筋の衰え

顔には皮膚を内側から支えてくれている筋肉「表情筋」が30種類以上もあります。
加齢によって、その「表情筋」が衰えてしまうと、たるみが出やすくなります。
また、普段あまり表情筋を使っていない方も頬がたるみやすい傾向にあるようです。

皮膚の老化

30~40代にかけて、真皮層のコラーゲンやエラスチンなどの皮膚組織の分解速度が速くなります。
コラーゲンやエラスチン量が減少すると、あっという間に皮膚のハリや弾力がなくなり、頬の肉を支えきれず下へ垂れ下がります。
これが、いわゆる「加齢によるたるみ」となります。

生活習慣

猫背など、前かがみの姿勢でいることが多いかたもたるみの原因になるそうです。
わたしも、スマホを片手にうつむいていることが多いので気を付けようと思います😢

紫外線

紫外線と聞くと、真っ先に「シミ」と思われる方が多いかと思いますが、「シミ」だけではないのです💦
紫外線はお肌にダメージを与え、皮膚のコラーゲンを破壊します。
それによって肌のハリがなくなりたるみの原因となります。
これからの季節、しっかりと紫外線対策をしたいですよね☀

では、どうすれば「たるみ」は改善されるのでしょうか。

切らないたるみ治療

たるみの治療には様々なものがあります。
・フェイスリフトなどの手術
・糸によるリフト手術
・機器照射治療
・レーザー治療
・ヒアルロン酸注射
・ボツリヌストキシン注射
・ビタミンC誘導体の導入
といった感じでしょうか。

ダウンタイムが最も長く負担が大きいのは『フェイスリフト』と言われる手術です。
昔と違って、何日もお仕事を休んで他人の目から隠れないといけない手術を受ける方は随分と減ったようで
「切らない治療」を選ぶ方がほとんどです。

「切らない治療」とは、その名の通りメスを使わずにたるみの治療を行うものです。
特殊な糸を使い頬のたるみを引き上げる方法や、ビタミンC導入をしてハリをアップさせたるみにアプローチする方法、レーザーを照射して皮膚の引き締めを促す方法など…なかなかのバリエーションです。

ここでは、数あるたるみ治療の中から私が選んだ「切らない治療」についてお話しようと思います。

わたしが施術を受けたのは『HIFU(ハイフ)』と呼ばれるもので、当院では『ウルトラセルQプラス』という機器を使用します。
HIFUはHigh Intensity Focused Ultrasoundの略で、それぞれの単語の頭文字をとって“ハイフ”と呼ばれています。
日本語では「高密度焦点式超音波」と言います。

超音波を集めて1点だけに照射する方法なのですが、その理論は小学生の理科の実験でおなじみの「虫眼鏡を使って太陽の光で紙を焦がす」ことに似ています。
この実験と同じように、体の組織の狙ったポイントへ超音波を集中させるわけです。
狙ったポイントだけに集中しますので、表皮やそのほかの組織に影響はありません。
現在の医療では「体に傷をつけずにがん細胞だけにダメージを与えられる方法」としてガンの治療に使われています。

SMAS層

HIFUは、たるみの気になる部分の脂肪層、筋層、そしてそれらの間にある薄い膜(SMAS層)に熱を与えることで、コラーゲンが生成され、肌を奥深くから引き締めリフトアップさせることを可能にした治療です。
SMAS層とは、Superficial Musculoaponeurotic Systemの略で、日本語では「表在性筋膜」と言われます。
ここは皮膚を支える土台とも言える部分。
表在性筋膜のゆるみは、皮膚のたるみの要因の1つです。

今までの照射機器では表在性筋膜には届かず、表皮や真皮だけに働きかけていました。
肌の上層部分は引き締まるものの、それだけではたるみの本質的な改善にはなりません。
リフトアップ効果も弱く、たるみの程度によっては満足できる効果を得られない患者様も珍しくありませんでした。

たるみをしっかり改善するには、SMAS層(表在性筋膜)に働きかけることが必要なのです。

持続効果

HIFU照射による熱で縮んだコラーゲンは、人間の体が持つ創傷治癒機能によってどんどん修復されていきます。
この過程でコラーゲンの増生が促されて、皮膚内部のコラーゲン量が増えていきます。
その結果、コラーゲンの再生が行われる1ヵ月半~3か月後が最もリフトアップの効果が出やすく、長期にわたって効果が持続するというすごい機械です。

HIFUを受けてみて

実際HIFUの施術を受けてみて、その効果と持続力を実感しました。
施術直後でも十分な効果は感じられましたが、約1ヵ月経ったあたりからほうれい線がなくなったと感じました。

写真をみて震えた顎下のたるみもスッキリしましたし、頬にハリが出て大満足な結果となりました💛
コラーゲンが増えたことで肌表面も整ってきたように感じています。

一番心配だった施術時の痛みはほぼなかったのですが、奥歯の銀歯がある箇所に照射するときだけ、少し響く感じがしました。
この感じは、口の中に医療用のコットンを入れて軽減させます。
歯と皮膚の裏の間でコットンが遮ってくれるので、快適に施術を受けることができるんです。

施術直後の赤みや腫れもなく、施術当日からすぐにメイクもできました。
これなら、予定が入っている直前でも気軽に施術できていいですよね♪

「たるみをしっかりケア・予防をしたい!だけど、お肌のハリもキメも気になる!」
そんなあなたに朗報です♪
当院では、たるみに特化したその名も『たるみに、しっかりプラン』というプランをご用意しております。
HIFUを含む全9種の治療の中から、それぞれの方に合った最適な治療を組み合わせられるお得なプランです。

◆プランに含まれる内容◆
①素肌診断(VISIAという機械を使ってお肌の状態をすみずみまでチェックします)
②HIFU
③症状に合わせて選べる治療(照射治療・ピーリングなど色々ございます)
④イオン導入 

さらに!!HIFUで物足りなくなってきたときのために💛
⑤糸リフト20%OFFチケットプレゼント!

ここまでついて、トライアル価格(新規ご来院限定)49,800円(税抜・2019年5月6日現在)となっております。
HIFUのみの通常価格よりかなりお得なプランですので、是非この機会に皆さまにもお試しいただけたらと思います。

最後までお読みいただきありがとうございました。
是非ウィズエイジングクリニック新宿でへお越しください。
お待ちしております。

コンシェルジュ:荒牧

関連キーワード
コラムの関連記事
  • HIFU セルフたるみケアの限界
  • VISIA®(ビジア)画像診断
  • HIFU 横顔に自信!メス不要のたるみ治療
  • やっぱりスレッドリフトは必要?
  • M22
  • 遺伝子検査で「痩せられない身体」から「太らない身体」へ
おすすめの記事
コラム
美容皮膚科医の条件反射 私がいつも治療の際に考えることは、「今後1年どのような施術・治療を行えば、この患者様の皮膚の美しさを向上できるか」と...
コラム
こんにちは。 ウィズエイジングクリニック新宿の看護師です。 最近、私はいきなりステーキのコンボランチに出会い感動しています。(笑) ステーキ...
コラム
土日や祝祭日など休日前になると、スレッドリフトとか、顔全体に多数あるシミを取りたいなど、少し人目に触れると経過がわかる治療を希望される方が増...
コラム
5月の連休前くらいから、日差しが強くなってきており、レーザーを用いたシミ治療はあまりお勧めできない季節になってきました。 美容治療に慣れてい...
コラム
どんどん切らない治療ができる時代   私が外科以外の美容医療が絶対に発達すると確信したのは、1999年頃。IPL(フォトフェイシャル)が日本...